SELF PROPELLED CAMERA

We created user participation booth which makes it possible to experience the world vision of “The Super Dimension Fortress Macross” anime series. When visitors enter this booth, the hemispherical screen right in front of them reproduces their face transformed into Zentradi race. It tracks the position of user’s face and pastes Zentradi’s face on it as texture. The transformation feels very real, as user’s facial expression is also reflected. After few actions there is some time for user to take photos of the experience with their smartphones. Much greater impact and immersion is achieved by using hemispherical screen instead of flat one.

一眼レフカメラを搭載したレール上を自走するロボットを開発。自撮りでは不可能なカメラワークで、誰もがハイクオリティな映像を撮影できます。撮影した動画はSMSで簡単にスマートフォンへダウンロードでき、InstagramをはじめとしたSNSヘとアップロードできます。イベントでフォトブースとして利用されることが多く、プロジェクションマッピングやAR技術を組み合わせることで、より各イベントのイメージに沿ったオリジナリティある映像にできます。また、レールのサイズや形状も湾曲させたり直線的にしたり、各イベントごとに設計を変えることが可能です。資生堂、Bershkaなどで利用された実績があります。

Comments are closed.