54th All Japan Model & Hobby Show exhibition “AGP Kancolle Yamato photo booth”

We produced LED panels for photo booths of official cosplayers who participated in All Japan Model & Hobby Show for promotion of AGP Kancolle Yamato, which is a figure of Yamato, a character from popular game Kantai Collection. With LED panels set on the floor we projected a video reproducing reproduced user interface of Kancolle and sea surface of fleet battles.

At this example we are using a rough resolution of 6 mm pixel pitch because of client’s materials limits, but resolution as high as 3 mm pixel pitch is possible. In addition to the floor, LED panels can also be set at the back to create three-dimensional performance. Also it is possible to connect LED panels into a gigantic screen. Adding some interaction using Kinect can also be interesting.

 

第54回 全日本模型ホビーショー 展示:「 AGP 艦これ 大和 フォトブース 」

人気ゲーム「艦隊これくしょん」のキャラクター「大和」をフィギュア化した「AGP艦これ大和」のプロモーションのため、全日本模型ホビーショーにて公式コスプレイヤーのフォトブースをLEDパネルで演出しました。艦これのUIモチーフと、艦隊戦の行われる海面をイメージした映像を制作し、床面に配置した屋外ディスプレイ用LEDパネルにて再生しています。

本事例はクライアントからの機材的な制約で6mmピッチの解像度が荒いLEDパネルを利用していますが、現状では3mmピッチまで高精細化が可能です。床面だけでなく、背面にもLEDパネルを設置し、立体的な演出が可能です。さらにLEDパネルは連結させ拡張できるため、大型のディスプレイをつくることもできます。Kinectを利用したインタラクティブ化も面白そうです。

Comments are closed.