BANDAI Tamashii Nation 2013 Exhibition “KURATAS projection mapping”

We made projection mapping on gigantic KURATAS robot, as tall as 4 meters and as heavy as 5 tons. We arranged 9 projectors on trusses and projected randomly generated video on KURATAS’s head, chest, belly, shoulders, arms and legs. Also LCD panel on its face and illumination of feet are controlled by the same system, which makes it possible to synchronize the whole space with music. KURATAS’s joints are hydraulically-operated and cannot be precisely controlled with digital system. Also it was necessary to find a position which would distribute its 5-ton weight so that the floor does not fall off. Therefore, the positioning was not set until the delivery day and we had to develop original software with UNITY which would allow us to make projections irrespective of KURATAS’s position.

*A work from ATARI event where Saijo CEO participated as a freelance planner and director.

 

BANDAI 魂ネイション2013 展示:「 KURATAS プロジェクションマッピング 」

重量約5トン、全高約4メートルの大型ロボット「クラタス」にプロジェクションマッピングを行いました。9台のプロジェクターをトラスに配置し、クラタスの頭部、胸部、腹部、肩部、腕部、脚部へランダム生成される映像を投影しています。 さらにプロジェクターだけではなく、顔の液晶パネル、足元の照明もひとつのシステムで制御し、音楽に合わせて空間全体を完全同期させています。 クラタスは関節が油圧式であり、デジタル制御による細かな調整が効きません。また、5トンもの重量で床が抜けないよう、荷重分散させる姿勢を取らせなければならないため、ポージングが搬入当日まで定まっていませんでした。そのため、クラタスがどんなポージングになってもマッピングが可能な独自ソフトをUNITYで開発しました。

*代表西條がフリーランス時にプランナー/ディレクターとしてアタリに参加していた際の作品です。

Comments are closed.