NHK PRGOGRAM TECHNE PRESENTED WORK “MAN VS MACHINE”

This is an installation created in collaboration with YKBX, an art director, for NHK program “Techne, Screen Education”. Visual space is randomly created from interaction of dance improvisation, live coding and live painting. Project team was gathered around YKBX and included Ms. Makiko Izu, dancer from GRINDER-MAN, who works as a choreographer for music bands such as World Order. METACRAFT planned this installation together with YKBX and handled system design and implementation.
Kinect sensor is set in front of the dancer. The dancer performs dance improvisation with gestures recognized by Kinect. The system recognizes specific gestures, graphics created by live coding and live painting change according to these gestures, repeatedly decomposing and reconstructing the world.

NHKの番組「テクネ 映像の教室」のために、アートディレクターのYKBXとコラボレーションしたインスタレーション作品です。ライブペインティング、ライブコーディング、即興ダンスが相互作用し、空間を構成するビジュアルが偶発的につくられていきます。ダンサーにはWORLDORDER等のコレオグラフィを行うGRINDER-MANの伊豆牧子さんを迎え、YKBXを中心に据えたプロジェクトチームが結成されました。METACRAFTはYKBXと共に作品のプランニングをし、システムの設計・実装を行いました。

Kinectセンサーをダンサー正面に配置。ダンサーはKinectが認識するジェスチャーを取り入れた即興のダンスを行います。ダンスに含まれた特定のジェスチャーを認識して、ライブペインティング&コーディングされたグラフィックスが変形し、世界の分解と再構築が繰り返されます。

http://www.nhk.or.jp/techne/try/content.html#programming

Comments are closed.