PERMANENT ATTRACTION IN HUISTENBOSCH: “NIGHTMARE LABO” 

This is world’s first digital horror house permanently opened in “Huistenbosch” theme park in Nagasaki. Visitors wear masks with HMD (head-mounted display) and watch video composed of live camera video and whole-sky video shoot at the same place some time ago. They can get very realistic experience of friends and lovers, who came to the attraction together, going insane one by one and finally being killed by them. This attraction uses basic principle of ‘Substitutional Reality’ proposed by Dr. Naotaka Fujii, social neuroscientist from RIKEN (Institute of Physical and Chemical Research), as entertainment to offer visitors a new and unique experience of fear in which reality and fiction is naturally combined.
The system is based on “SR Viewer” developed by METACRAFT being used in a very special way. It is quite a challenging effort for smartphone, as just one smartphone has to run for a long time being constantly charged.

ハウステンボス常設アトラクション :「 ナイトメアラボ 」

長崎のテーマパーク「ハウステンボス」にて常設運営されている、世界初の「代替現実感 お化け屋敷」です 。マスク型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着した体験者は、ライブカメラの映像と、過去に同じ場所で撮影した全天周映像が合成された映像を視聴します。一緒にこのアトラクションを体験しに来たはずの友人や恋人たちが、次々に発狂し、ついには殺されてしまう様子を、あたかも現実の出来事のように感じてしまいます。理化学研究所の社会神経科学者である藤井直敬博士が提案する「代替現実感=SR(Substitutional Reality)」の基礎原理をエンターテイメントとして利用し、現実と虚構が違和感なく合成される、これまでにない恐怖体験を味わえるアトラクション施設になっています。

システムの基幹として、METACRAFTの開発した「SR Viewer」を特別仕様にしたものを利用しています。1台のスマートフォンを交換せずに、常に給電しながら長期運用するという、スマートフォンのパフォーマンスの限界に挑んだ、かなりチャレンジングな取り組みとなっています。

Comments are closed.