BANDAI Tamashii Nation 2012 Exhibition “Sensing Display”

Product information is displayed at the feet of each figure. By moving figures closer to each other, it is possible to do a performance at their feet, according to characters’ images. For example, in animated performance Gandam characters would attack each other with beam rifles and bits, while One Piece ones would kick and punch each other. At the back screens the most famous episodes from each anime are displayed.

We used transparent acrylic boards with DILAD screens as table surface, LED lights behind figures are controlled by WEB cameras set under the table. From LED lights projected with WEB cameras we get coordinates of each figure location and based on those coordinates make video projections on table surface using Ultra Short Focus Projector.

*A work from ATARI event where Saijo CEO participated as a freelance planner and director.

 

BANDAI 魂ネイション2012 展示:「 センシングディスプレイ 」

テーブル上に置かれたフィギュアの足元に、商品情報が表示されます。また、フィギュア同士を近づけることによって、キャラクターのイメージに即した演出がフィギュアの足元を中心に発生します。例えば、ガンダムの場合は互いにビームライフルやビットで攻撃しあい、ワンピースの場合はパンチやキックのアニメーションが表示されます。背面のディスプレイには、各キャラクターのアニメ名場面が表示されます。

テーブルにはディラッドスクリーンを貼り付けた透明アクリル板を使い、フィギュアの裏面に取り付けたLEDの光をテーブルの下に配置してあるWEBカメラで撮影できるようになっています。WEBカメラで撮影したLEDの光から各フィギュアの位置座標を取得し、その座標を元に超短焦点プロジェクタでテーブルにリアから映像を投影しています。

*代表西條がフリーランス時にプランナー/ディレクターとしてアタリに参加していた際の作品です。

Comments are closed.